カウンセラーの職場.com

カウンセラーは、精神的な問題を抱えている人のために、
さまざまな分野・さまざまな場所で活躍しています。

 

そして、カウンセラーは、職場や仕事により、
対象となるクライエントが違いますし、
カウンセリング方法も違います。

 

心理カウンセラーの職種の種類は、
「産業カウンセラー」、「開業カウンセラー」、
「病院カウンセラー」、「公共団体のカウンセラー」、
「学校カウンセラー」などがあります。

産業カウンセラーとは

産業カウンセラーは、
企業の大切な財産である従業員に対してカウンセリングを行います。

 

人の集合体である企業は、
従業員の心身の健康がとても重要で、
従業員の心身の健康があってこそ企業として成長していくことができます。

 

ですから、産業カウンセラーは、
企業の原動力となる従業員の抱えるさまざまな問題を共に考え、
心身の健康を援助するという大きな役割を担います。

 

産業カウンセラーの主な仕事は、
「従業員の心身の健康を支えるための相談活動」、
「キャリアカウンセリング」、
「人間関係や仕事などに関する能力開発」などがあります。

 

しかし、現代の日本社会では、
カウンセリングを受けること自体が消極的なイメージがあります。

 

ですから、せっかく産業カウンセラーを配置しても、
このカウンセリング機能を利用しない従業員も多くいます。

 

そこで、企業によっては外部にカウンセリングを委託しているところもあります。

 

外部にカウンセリングを委託し、
よりカウンセリングを受けやすい環境を提供しているのです。

 

ストレス社会といわれるほど、
精神的な悩みを多く抱えている人が多い日本社会では、
今後はカウンセリングが日常的なこととして受け入れられるように
企業側からも働きかけていく必要があります。

 

産業カウンセらーからは、
企業側にカウンセリングについての正しい認識や知識を
持ってもらうように働きかけていく必要があるでしょう。

 

産業カウンセラーには、企業の従業員の心身の健康回復や、
健康維持のためのカウンセリングを通じた援助や、
その企業全体の活性化と発展に役立つための働きが求められます。

 

医師や看護師、カウンセラーが連携し、
従業員を援助することができるシステムを作ることが必要です。

 

そして、従業員が安心して話をすることができるような環境を作り、
秘密保持の姿勢を持ち、
企業や従業員との信頼関係を築くことが大切です。

産業カウンセラーになるには

産業カウンセラーになるためには、
養成講座を修了するのが良いのではないでしょうか。

 

産業カウンセラーは、通学制のスクールだけでなく、
通信制もあります。

 

仕事をしながらでも勉強をすることができます。

 

そして講座を修了すると、
産業カウンセラーへの受験資格が与えられます。

 

試験の難易度はそれほど高くなく、
独学でも取得できる人が多いとも言われています。

 

カウンセラーになりたいという人だけでなく、
企業内で、人事労務関係に勤めていたり、
管理職や経営者クラスの人、或いはそのような地位を目指している人が、
知識や見識を高めるために取得しているということも多いようです。