公共団体のカウンセラー

公共団体は、国民の健康のためにさまざまな分野に心理判定員や
相談員を配置しています。

 

カウンセラーも、以下のような分野に配置されます。

 

・児童相談所

 

 各都道府県や政令指定都市に設置されている児童福祉の専門機関でカウンセリングを行う。

 

・教育相談員

 

 公立の教育相談機関において子どもの発達や情緒の問題の相談を行う。

 

・精神保健福祉センター

 

 地域の精神生成活動を図るための中心的機能となる施設でカウンセリングを行う。

 

・女性センター相談室

 

 社会と女性のかかわりを見据え、女性を援助する。

 

・その他

 

家庭裁判所調査官、少年鑑別所法務技官などで活躍するカウンセラーもいます。

 

なお、家庭裁判所調査官になるためには、
裁判所職員(家庭裁判所調査官補)採用I種の試験に合格することが必要です。

 

少年鑑別所法務技官(心理技官)では、
国家公務員試験I種心理職に合格することが必要です。

公共団体のカウンセラーになるには

カウンセラーは、このような分野で活躍の場がありますが、
自治体によって採用システムは異なります。

 

公共団体の中では、カウンセラーとしての面接相談以外にも、
さまざまな職域の人とのチームプレーが必要です。

 

そのために、カウンセリングの線的な知識や技能は重要ですが、
他にも幅広い知識や柔軟な判断力、
人間関係の維持などに対する能力も必要とされますし、求められます。

 

児童相談所や精神保健センターなど、
地方自治体が運営する団体に就職するためには、
採用試験を受けることが必要です。

 

そして、その採用試験自体にも
試験を受けるために必要な資格がありますし、
採用システムも各自治体によって異なります。

 

公共団体のカウンセラーを目指すのであれば、
なるべく学生時代から、そういった施設でボランティアとして
経験を積んでみてはいかがでしょうか。

 

そこで得ることができた仕事への理解や人間関係等が、
後になって自分自身の役に立ちます。

 

公共団体のカウンセラーを目指すときも、
外から情報が飛び込んでいるのを待っているのではなく、
自分から情報を得ていくことが必要です。

 

大学で心理学系の学部に所属しているからといって、
どんどん採用情報が来るわけではありません。

 

自らの道は自らで拓くことが大切です。