学校カウンセラー

学校カウンセラーは、学校生活に不適応になってしまった生徒の
支援活動を行います。

 

小中高では、教諭や養護教師が従来の仕事をしながら
カウンセリングを行うようになっています。

 

ですから、小学校、中学校、高等学校のカウンセラーになるためには、
教員採用試験を受けて教員になるのが最も早道です。

 

しかし、この場合は、自分のクラスを持ったり、
担当科目の指導をしながら、カウンセリングも行うという
「二足のわらじ」を履くことになります。

 

近年の学校の先生は、それでなくても忙しいといわれていますから、
カウンセリングまで行おうと思うのであれば、
自分自身のコントロールもできなければなりませんし、
覚悟も必要ですね。

 

また、学校カウンセラーとして活躍するためには、
他の教職員との信頼関係がとても重要です。

 

他の教職員との信頼関係が築かれて初めて
カウンセラーとしての機能が発揮されます。

 

自分自身が教師としての仕事を十分にこなし、
一人の教師として十分に認められてこそ、
学校内でのカウンセラーとしての専門知識を活かすことができます。

 

しかし、教師としての力量が足りないのに、
カウンセリングの専門的知識があるからといって
学校カウンセラーとして活躍しようと思うと、
他の教職員との間に、大きな隙間を作ってしまいます。

 

その距離感が、「苛立ち」や「孤独感」につながり、
結局は自分自身を苦しめてしまう学校カウンセラーも少なくありません。

 

*1995年より、文部省の通達によって
全国の小学校、中学校、高等学校にスクールカウンセラーが配置されています。

 

このスクールカウンセラーは、臨床心理士の資格を持っているカウンセラー、
及び精神科医です。

 

この制度によって、教員免許がなくても、
学校のカウンセラーとして働く道は開かれています。

 

しかし、臨床心理士の資格は、
財団法人日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に
合格しなければとることができません。

 

そして、臨床資格資格試験を受けるためには、
あらかじめ臨床心理士養成に関する指定大学院
または専門職大学院の修了を基本モデルとする
“受験資格”を取得しているということが必要です。

大学のカウンセラーになるためには

大学では、カウンセラーが学生の相談に乗ることができるような
学生相談室やカウンセリングルームが校内に設置されています。

 

大学のカウンセラーになるためには、
大学によって採用基準が異なりますが、
小学校、中学校、高等学校のカウンセラーになるときのように、
必ずしも教員試験が必要というわけではありません。

 

ですから、大学の事務職員から、
大学のカウンセラーに転職する人もいますし、
最初から、カウンセラーとして採用される人もいます。

 

しかし、採用情報は多くないので、
日ごろから人間関係を大切にし、
自分自身のアンテナを広く貼って
出身大学の先輩や先生、
仲間からの情報などをいち早く得ることができるようにしておくことが大切です。